知識を得てから申し込みをすることが重要となる

顔に悩みがある場合

手術道具

目元にとくにコンプレックスがあるなら

人の美しさを判断する手掛かりがあります。それは目元であり、目元は美しいか否かを判断するうえで最も重要なパーツです。目が大きく瞳がキラキラしていると、それだけでかわいい、美しいと感じることがあります。そしてコミュニケーションにおいても多くの人が目を見て相手と会話します。そのため目というパーツはその人の個性と言っても過言ではありません。その人の個性や印象を左右する目元にコンプレックスを抱えていると、自信を喪失したり、ネガティブな思考になることもあります。こうした場合には水の森美容外科で相談するとよいでしょう。水の森美容外科は目元の整形手術で業界トップクラスの技術を誇っています。例えば一重まぶたが暗く重たい印象にしているなら、二重まぶたの施術を提案してくれます。また二重まぶたであるものの、目が垂れ下がっていたり、目の幅が狭いといった悩みを抱えている人もいます。こうした悩みにはたれ目整形、目頭や目尻切開施術などを提案してくれます。加齢によるたるみで目力が衰えている場合には、たるみ取りや二重拡大といった施術も可能です。水の森美容外科では目元のコンプレックスに対しても、さまざまな悩みに対応できるたくさんの施術を用意しています。その人その人の悩みやニーズにあわせて的確で適切な施術を患者さんとともに親身に考えてくれます。

水の森美容外科は二重まぶたに特に定評があり、高い技術力を誇っています。二重まぶたの施術には、主に二つの方法があります。それが埋没法と切開法という施術です。埋没法とは医療針と医療用糸を用いてまぶたの2か所程度をとめ、くぼみを作って二重を完成させます。手術も短時間でメスを使わないので安全性も高く、リスクも少ないメリットがあります。また費用も安く、学生でも気軽に施術を受けることができます。しかし、糸で数か所とめているだけなので、時間の経過とともに一重に後戻りすることがあります。一方切開法は、埋没法よりも費用がかかりますが、くっきり綺麗な二重まぶたを半永久的に持続することが可能です。しかし切開法はメスをも用いてまぶたに切り込みを入れる医療行為になります。埋没法、切開法にはそれぞれに特徴やメリットがあります。水の森美容外科では患者さんにとってどちらの施術が得策か、親身に最善の方法を考えてくれます。二重まぶた施術と共に目頭切開などを同時に施術すれば、より目力のある魅力的な目元を実現できるようになります。水の森美容外科はアフターケアもしっかりしており、二重施術後も経過観察などをして、安全に配慮し美しくなるために最大限のサポートをしてくれます。

Copyright© 2020 知識を得てから申し込みをすることが重要となる All Rights Reserved.